カルシウム

カルシウムと言えば牛乳を飲めばよいと思われて来ましたが、実際にはスカンジナビア人以外の多くの国の人たちは6歳を過ぎると牛乳からはほとんど吸収できないのが現状です。カルシウムは骨を丈夫にするということで知られていますが、特に閉経後の女性には多くを必要とします。小魚や海藻を摂るなど、日本古来の食事を見直してみましょう。
ただし、ただ摂るだけなくスタンスで十分ですので、適度な運動(特に関節を動かすこと)もする事がカルシウムを吸収するために大切となってきます。

食事は五色(赤、黄、緑、白、黒)のものをバランスよくと考えれば、覚えやすく実行しやすいかと思います。生活に密着したかたちで自分のものにしましょう。
[PR]
by stav | 2009-01-06 11:51 | 食のバランス


<< ビタミンの話 ダイエット >>