カテゴリ:健康( 4 )

リラックスする

またまた呼吸のことについてです。重複があるかも知れませんが、気付いたことを書きます。
スターヴ・スタンスをするときの呼吸の注意点は、動きと呼吸の一致です。最初はうまくいきませんが馴れてくると、一つの動きに一つの呼吸でできるようになります。動きを先に覚えても良く、呼吸から練習するのも良いと聞いて始めましたが、自分の身体に動きが馴染んで来るにつれて、呼吸の重要さを実感するようになりました。
人がリラックスするとき、「ホッ」としたときの呼吸は「はきだす」呼吸です。
身体がゆるんで楽になりますね。また、赤ん坊が生まれたとき大声をだして泣くのも、たくさん息を吐き出す行為です。そうすることが、次に多くの息を取り込み酸素を身体に送り込むことができ、身体にパワーを生み出します。
ストレスに晒されて辛いとき、ゆっくり息を吐き出してください。出すことが身体を楽にします。
何ごとも取り込むばかりでは息が詰まって来ます。「呼吸」ではなく「きゅうこ」でリラックスしましょう。
[PR]
by stav | 2009-01-31 11:49 | 健康

かゆみをとる

アトピーに対しての選択肢として、ステロイド等は一時的に症状をおさえるだけで治療にはなりません。残念ながら最近の医学は精神科も含めて病状の原因を突き止めず緊急用の薬だけを出し続けているように思えます。例えば眠れないと言ったらすぐ睡眠薬(それも持続的に)。

管理人の孫がアトピーで母親が施していた自然療法のなかで、かゆみを取る為にしていたことです。

●寝る前に、石蕗(つわぶき)の葉をガス火で両面あぶり軟らかくし、冷めたら、患部にあてて包帯で巻いていました。朝、起きたら膿が葉に移り黒くなっていました。そして、良質なお水(ミネラルウォーター)をたくさん飲ませてあげることです。家にいる間の2週間毎晩していましたら、腫れも引きかなり良くなりました。



以下はイギリスからの情報とスターヴでの方法です

●硫黄を含む水(温泉)ははアトピーに良いらしい

●お風呂は隔日が良い、といっても日本の夏はそんな事言ってられないので汗を流す程度で石けんやタオルを使わない事

●風土が違うのでわかりませんがスターヴではオート(oat) をすり鉢で、粘りが出るまですり(水を少量入れても可)ペーストにしそれを患部に当てます。

●ハチミツとシナモンを五分五分ミックスして患部にあてる。

*******
その他に、我が家では「枇杷の葉エキス」→枇杷の葉(種も)をリカーで漬けて3カ月以上寝かしたもの。を万能薬として常備しています。かゆみ、痛み、はれ、膿などによく効きますが、子供の肌にはアルコールがきつくてしみるようですので、その場合は精製水で薄めてあげたら良いと思います。歯茎の腫れ、のどの痛みにもよく効きました。飲んでもOKですが、自動車運転する方は飲酒になりますのでご注意!
また、枇杷の葉、種から出るエキスのアミグダリンはどうやら、梅、花梨の種にも含まれているようです。花梨の種でつくる化粧水はとても気に入っています。梅は?梅干しにして食べます。
[PR]
by stav | 2009-01-22 01:03 | 健康

ダイエット

短期間に減量することをダイエットと思われがちですがダイエットとは食事療法のことです。
体重を減らす為に2、3週間減量し、その後食事を普通に戻すと、体重が減量に要した日数よりもっと速く増えてしまいます。この現象を日本ではリバウンドといってます。
ただ単に食事の量を減らすのではなくて、

減量で大切な事は
(1)体を健康に保つ為に必要な栄養素である、炭水化物、ミネラル、ビタミン、脂肪、タンパク質、これらをバランスよく摂ること。
(2)運動もする事。運動をしないで食事量を減らすだけでは筋肉を失うだけで脂肪は燃焼しません。
(3)何を、どのように、いつ食べるか?


朝食はエネルギーのもとになる炭水化物を多く摂ります。それも出来るだけ精製していないもの。玄米は栄養バランスも良くゆっくり消化されるので理想的です。精製されたものは消化が良い分すぐおなかがすき食べ過ぎてしまいます。その結果、炭水化物の摂り過ぎで脂肪となり体に蓄積されてしまいます。

昼食はそれぞれの栄養素をバランスよく摂ること

私たちの体内では寝ている間に筋肉をつくり体の痛んだところを修復します。
夕食ではそれに必要なタンパク質を多く摂ること
サラリーマンが夜遅く帰宅し、お茶漬けあるいは夜食にラーメン、うどん等を摂ったりするのは肥満のもとになります。夜に摂った炭水化物はエネルギーとして消化される機会がありませんので脂肪として体内に蓄積されてしまいます。

これらのことを気に停めバランス良い食事を摂るよう心掛けましょう。
[PR]
by stav | 2009-01-06 11:38 | 健康

腹式呼吸って?

はじめるにあたって、管理人がいちばん手こずったのが腹式呼吸でした。男性は普段からできていることが多く、女性の場合は胸式呼吸している場合も多いのだそうです。体の健康に、精神の安定に、良いことは聞いていましたが、いざとなると出来てるのか分かりませんでした。はじめは下腹を意識して、肩の力を抜くのが良いのですが、馴れて来たら全身の力も抜けてリラックスします。口を閉じて、舌先を上の歯の根元にそっとあて、鼻からゆっくりと吸い込みます。吐くときは、舌先は下の歯の根元にそっとあて、軽く閉じた唇の合わせ目からゆっくり細く吐き出します。これを意識していると、自然に下腹部が膨れたり萎んだりしてるのに気付きます。馴れてくればできるだけゆっくりと細く長く呼吸し、それに合わせてスタンスもゆっくり行うと効果があるようですが、個人個人無理のないように、自分の呼吸の長さにあったスタンスであって良いのです。
長い呼吸を行いたいけれど、すぐに息がきれてしまうと思われる方は、吸うことよりも、まず息を吐き切ることを先にしておくほうがやりやすいと思います。吸う方はスッと入ってきますから、吐く方からゆっくりできるようコントロールしてみてはいかがでしょうか。 
[PR]
by stav | 2008-12-28 02:51 | 健康